懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

平成の名水百選にも選ばれた、延命地蔵のある石倉町が最近の自分的ホットスポット。

向かいの天平に続き、記憶も朧げな遠い昔に父親と来て以来になる、懐かしい雰囲気が漂い過ぎる明月館で焼肉を堪能してきてみた。

変わらない店構え

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

この辺のお店に共通する懐かし過ぎる店構え。昔の焼肉屋さんてみんなこんな感じだったと思う。

駐車場は同じ通りの少し離れたところに数台分。前の通りは一方通行なので注意!

カウンター焼肉OK

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

店内も味のある雰囲気。粋な親父の必須科目のカウンター焼肉もOK。

メニューは肉・ご飯・酒と王道

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

明月館の潔過ぎるメニュー。肉・ご飯・酒と最近の焼肉屋のメニューが、多すぎるんじゃないかと思うほど極々シンプル。

キリンの瓶ビール 600円

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

一時期から瓶ビールがマイブームで、お店の雰囲気に合わせて生ビールと使い分け。手酌でコップに注いでチビチビ。

キムチ 600円

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

瓶ビールのツマミにキムチ。キムチの辛さをビールで流し込む。

カルビとホルモン 各1,200円

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

まずは焼肉の王道カルビと、大好物のホルモンをオーダー。漬けダレがじっくりしみてて旨そう。

写真のカルビとホルモンが何人前かはまったく記憶に無し。

焼かれるカルビとホルモン

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

昔ながらの焼肉店でよく見るロースター。そこでツマツマとカルビとホルモンを焼く。Vineの動画見たら旨さは伝わると思う。

カルビをご飯オン

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

焼けたカルビをタレにつけてご飯オン。後はご飯と一緒にかき込むだけ。

ホルモンもご飯オン

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

ホルモンもタレにつけてご飯オン。ホルモンにうっすら浮き上がる脂が旨そう。

サガリ 1,500円

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

赤々と輝くサガリ。おいら的にはどれも捨てがたいけど、このサガリがスマッシュヒット。

最後にカルビと上ミノ 各1,200円

懐かし焼肉「明月館」で瓶ビール片手に肉でメシを流し込む

最後に相棒待望のカルビが再登場。やっぱ臓物系をまた食べたいなぁと、コリコリが美味しい上ミノを追加。

まとめ

最近、近所のFC系焼肉や食べ放題ばっかり行ってたから、こちらのちゃんとしたお肉の焼肉のありがたみが非常によく分かった。どの肉も大変美味しく、ご飯もビールも旨かった。

ママさんが一人で切り盛りする姿とともに、付近の街の懐かしい雰囲気も手伝い、暖かい気持ちになりながら味わえる焼肉。

帰りはライトアップされた川辺を延命地蔵まで歩いて、健康を願ってありがたい名水を飲むのもオススメ。

その他