銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

この日はTwitterで知り合った方とサシで飲むことに。男二人で飲むならやっぱりカウンター。

ということで、何年か前に友人に連れて行ってもらって、その独創的でこだわり満載の料理と、裏路地の大人感などにメロメロになった銀泉で、美味しい酒菜とともに秋の夜長を過ごしてきた。

怪しさ満載の裏路地

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

富山の歓楽街の桜木町、そこでもとびっきりの怪しさを放つ裏路地。そこをググッと行ったところにあるのが銀泉。

金泉・銀泉・銅泉

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

一番最初にできた金泉。今回行く銀泉。いつの間にやらできていた銅泉。次は鉄泉!?
料理はすべて同一で全部同じ系列だけど、中は趣の違うお店になってる。

後から写真見て気づいたけど、銀泉の扉の奥からスタッフさんが覗いてる。決して霊ではないのでご安心を。

メニューの掲載はNG

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

料理名にも趣向が凝らしてあって、見てるだけで楽しく、どれも食べたくなるメニュー。

ただ毎日料理が変わるそうで、メニューの掲載はNGとのこと。ぜひ自分の目で確かめに。

ホタルイカ沖漬け

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

一緒に行った方が現在東京在住で、ホタルイカを食べる機会もなくとのこと。

生ホタルイカを所望も残念ながらシーズンオフ。ということでホタルイカ沖漬けを注文。ベタに酒の肴にチマチマつまむのに良い感じ。

意外に大きいバイ貝煮つけ

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

意外どころかマジで大きいバイ貝の煮つけ。久しぶりにバイ貝食べたけどやっぱ旨い。

このコリコリの食感と、楊枝でクルッと回してキレイに取れた時の爽快感。そしてバイ貝の最後に付いてくる黒い肝のコクが何ともはや。

富山湾に感謝のお刺身盛り合わせ

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

ガラスのキレイな器に盛りつけられた、富山湾の新鮮な刺身。鮪は卓上の塩でどうぞとのこと。

いつも結構適当に撮影してるもので、写真の色被りがひどく、頑張って補正したけど、残念ながら美味しい刺身感の少ない写真に。

〆鯖燻製 バルサミコソース

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

やっぱりどこに行っても鯖が好き。バルサミコソースと和えられた〆鯖で相変わらず酒がススム。

本日朝どれ鮮魚 姿焼き クロムツハーツ

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

黒板メニューに書いてあって、最初クロムハーツってなんだろと目を疑う。そこをよーく見るとクロム「ツ」ハーツ。

ということで、クロムツの姿焼き。すだちをかけて大根おろしとともに口に運び酒で流し込む。

カキの塩辛

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

お腹いっぱいになりつつも、ちまちま食べるつまみが欲しいと、漬け物盛り合わせと悩みつつも、珍しかったのでカキの塩辛をオーダー。

海の香りが広がり程よい塩気で、最後まで酒と会話がススム。

富山出身 某IT系企業勤務のリョーヘー

銀泉 裏路地の泉で酒菜と過ごす秋の夜長

春ぐらいにTwitterで絡んでて、富山に帰ってきた時にでも飲みましょうと言ってて、催されたのが今回の飲み会。

何気に今回が初対面でドキドキしつつ、軽く自己紹介もしつつ同じ業界なので、酒も入って話が盛り上がる。

まだお若いにも関わらず、仕事の知識も豊富な素晴らしい好青年で、勝駒をグビグビ飲む姿はステキそのもの。

近々、仕事関係で沢山の美人さんに囲まれる予定もあるそうで何気に羨ましい。また年末にも飲む約束をしつつ家路に。

山本涼平 Facebook

まとめ

銀泉の素晴らしさは言わずもがな、料理はどれもこだわりが深くとことんまで美味しい。

スタッフさんのさりげなくも、気が利いた接客も心地よく、裏路地の奥ということもあって、秘密基地みたいで心も躍る。

富山の名産を食べるのにももちろん。大人なデートにもオススメ。

昔はmixiとかのネットで出会った人と、よく飲みにいったりしてたけど、今回本当に久しぶり。
見知らぬ人と飲む楽しさが、また沸々と蘇ってきたので、当分これにハマッてみようかとも思う。

その他