水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

今週末に開催が押し迫り、お尻に火がついたので、構想1年の長考の末。

幻想的な白岩川の御神灯流しと、眼前の花火大会が感慨深かった、去年行った水橋橋まつりの記事をしたためてみる。

橋まつりの会場付近は通行禁止

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

橋まつりの会場付近は趣きある看板があって通行禁止。こうなると駐車場が心配されるところだけど。
会場近くの企業のかね七とかが、駐車場を解放してたりして、案外サックリ止めれる。

こういう地元に愛されてるお祭りって素晴らしい。富山の各種お祭りも付近の企業が、駐車場とか解放してくれたらいいのに。

ただ、今回は地元民のノンビリはるかちゃんから、有力情報をゲットしてそちらに駐車。やっぱ地元民は強い。

浴衣姿もあって賑わうお祭り

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

地元の学生もたっぷり、浴衣姿もたっぷりで賑わうお祭り。
やっぱお祭りは、何を食べるか迷って心躍る。

きうり漬 100円

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

屋台が並ぶ通りには八百屋さん。きうり漬がビールに合いそうで買ってみる。
お隣のキュウリも一山100円と激安で、普通に野菜を買い物。

パインと甘瓜(マッカ)も100円から

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

パインと甘瓜(マッカ)も100円から販売中。
何買ったか忘れたけど、安いからと結構な量の野菜を買い込んで、早々から荷物だらけ。

水橋橋まつりの団扇を貰う

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

道中でデザインが渋い水橋橋まつりの団扇を貰う。多分団扇系は貰えるので、持っていく必要はないかと。

とりまビール飲む

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

とりま飲んどけば何とかなるだろうと、場所を確保し早々にビールを飲む。外で飲むビールは格別。

場所取りはそこまでキツクない感じ。7時頃に行けば、花火鑑賞に絶好の河川敷の場所を、ギリで確保できると思う。

某鶏柳氏が揚げる鶏よしの唐揚げ

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

つまみが欲しいとうろついてると、唐揚げを揚げるFB友の某鶏柳氏に数年ぶりに再開。
軽く世間話をしつつ、忙しそうなので唐揚げ買って、早々に本拠地に戻る。

揚げたてのアツアツで、一口噛むと肉汁がプシャーと弾ける。それでまたビールがススム。

もつ焼き

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

地元の商工会の方か何かが焼くもつ焼きを買う。

待ってる間に世間話してたら、この橋まつりは花火が近過ぎて、毎年消防法の申請に一苦労とのこと。そんなに近いなんて、花火がとっても楽しみ。

水神社付近では厳かな儀式

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

水神社付近では厳かな儀式が執り行われ、巫女さん姿のお嬢さんが踊ってる。趣があってこれまたビールがススム。

幻想的な白岩川の御神灯流し

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

ユラユラと幻想的に白岩川を流れる流し火。全国でも珍しい裸火での流し火らしい。

動画の方が伝わると思うので、ぜひそちらを。ただ、動画だけでなくリアルに見るのがオススメ。

幻想的な白岩川の御神灯流し動画

河川敷では沢山の人が御神灯流しを眺める

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

河川敷では沢山の人が御神灯流しを眺める。カップルのデートには最高のシチュエーション。

眼前の花火大会

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

花火を上げている人の動きが分かるほど、目の前で行われる花火大会。

ユラユラと幻想的な炎の御神灯流しが、ゆったりと流れ花火と相まり美しい限り。

桑田佳祐の波乗りジョニーが、またこの風景に大層マッチ。動画視聴はボリュームオンがオススメ。ただやっぱりリアル体験が一番のオススメ。

波乗りジョニー Ver

あまちゃん Ver

結構な人手だけどそこまで苦じゃない

水橋橋まつり 幻想的な白岩川の御神灯流しと眼前の花火大会

川べりの道路を人が埋め尽くすけど、そこまで苦じゃない。

これまで色々花火大会に行ったけど、こんなに目の前で花火が見れて、流し火もキレイで人出もほどよく、とってもオススメの花火大会。

今年は映画 彩火の撮影もあるらしいので、運が良ければ映画の端に出演もできるかも。

ジョージは広島県の観光PRは上手いと思う

有吉観光大使が奮起したおしい広島県に続き、次は泣ける!広島県とのこと。このプロモ開始に伴って発行したPerfumeが表紙の無料ガイドブックは即日配布終了らしい。

切り口とか見せ方とか、本当に戦略的で上手いなぁと思いつつ、本も出てて面白そうなので今度読んでみようと思う。
おしい!広島県の作り方 広島県庁の戦略的広報とは何か?

打って変わって富山県、この水橋橋祭りもこれだけ良いお祭りなのに、市の観光ガイドはこんな感じ

最近見てると新幹線開通もあって、これもこれもこれもこれもこれもこれもこれもこれもこれもこれもと、観光振興のためにWeb沢山作ってる雰囲気。県のHPのバナーから拾っただけなので、市町村とか合わせたら、その他にも山ほどあると思う。

Webを量産しても情報が分散するだけなので、素晴らしい観光材料を深めるなり、地元の人達が情報発信できるプラットフォームの整備をした方が、いいんじゃないかと問題提起しつつ、おいらはドンキホーテとして、このちっぽけなブログで立ち向かってみようと思う。

関連リンク

その他