射水曳山祭フェア ワンちゃんもイヤサー!ササミジャーキー当たる!

氷見産つばいそ刺身に梅かまのにぎす うおじょうゆ

氷見産つばいそ刺身に梅かまのにぎす うおじょうゆ

この前、つばいそ1匹を150円で買って、刺身にしようとさばいてたら、魚の上手なさばき方を無性に習いたくなったジョージです。

最近、刺身に梅かまのうおじょうゆがマイブームで、とりあえずブログ記事にしてみた。

梅かまのにぎす うおじょうゆ 500円

氷見産つばいそ刺身に梅かまのにぎす うおじょうゆ

こちらが梅かまのにぎす うおじょうゆ。350gで500円。見た目はまったくの普通の醤油。

ニギス・食塩・麹だけの無添加魚醤油

氷見産つばいそ刺身に梅かまのにぎす うおじょうゆ

魚醤油は、ニギス・食塩・麹だけで無添加。
狂牛病があってから牛エキスを含まない調味料をと、魚醤油を開発したそうで、かまぼことかもこれで味付けとのこと。

氷見産つばいその刺身と魚醤油

氷見産つばいそ刺身に梅かまのにぎす うおじょうゆ

この日は大阪屋 太郎丸店でゲットした3割引のつばいそ刺身が晩ご飯。

ちなみに「つばいそ」は別名「こづくら」とも呼ばれ、出世魚で結局は小さいブリ。詳しくはWikipediaを参照あれ。この時期は激安で富山のスーパーに並ぶことが多し。

ブリ Wikipedia

魚の旨味が溢れ食べやすい「にぎす うおじょうゆ」

氷見産つばいそ刺身に梅かまのにぎす うおじょうゆ

各地の魚醤をお土産で買ったりすると、魚臭さがキツイのも多いけど。
梅かまのにぎす うおじょうゆは、ほとんど生臭さがなく、魚の旨味が溢れた出汁醤油的な雰囲気。

試しに刺身で食べてみたら、それ以来ハマって。刺身とうおじょうゆがセットに。考えてみたら、魚でできた調味料だから、魚に、合わないはずはないよなと。

最近、毎日でもいいくらいに、無性に刺身が食べたくなるんだけど、これもおっさん化現象なのかと、しみじみ思いつつ、父親も毎日刺身食べてたなぁと。

その他