富山第一高校 サッカー 祝初優勝 北日本新聞 号外ゲット

富山第一高校 サッカー 祝初優勝 北日本新聞 号外

地元富山の富山第一高校が、高校サッカーの決勝に出場。しかも対戦相手はお隣石川県の星稜高校。
それもあって、昨日はこたつに入りながら、高校サッカーに釘付けに。

富山県民の応援の甲斐もあってか、富山第一高校が祝初優勝!
国立競技場で歓喜する紫色のユニフォーム。
まさか、優勝するとは思わず嬉しい限りで、思わずテレビの前で飛び跳ねるおっさん。

その後、Twitterなど見てると、号外発行とのこと。
欲しいなぁと思ってて、テニスラケットのガットの張り替えを頼んでたスーパースポーツゼビオ 富山蜷川店に行くと、レジ横で北日本新聞の号外ゲット。

号外を手に入れれなかった人、県外の人、後世に伝えるためにも、怒られ覚悟で号外をアップしてみる。

富山第一高校 サッカー 祝初優勝 北日本新聞 号外

富山第一高校 関連リンク

その他 関連リンク

富山第一高校 大塚監督「日本の育成も変わっていく」

富山第一高校 サッカー 祝初優勝 北日本新聞 号外

翌日になってスポーツナビで、大塚監督の想いの詰まった秀逸な記事を発見。
監督として、サッカー関係者として、お父さんとしての想いが記されています。

この記事を読んで、学校側にも諸事情もあるだろうけど、やっぱり地元の選手が頑張って、結果を出してくれると、地元民としてより一層盛り上がるし嬉しさも一塩!

この大塚監督の想いの詰まった記事の全文はこちらから。
スポーツナビ 大塚監督「日本の育成も変わっていく」

記事抜粋

こんな感動的なフィナーレがあるのかと思うくらい感動しました。感無量です。
富山県民の後押しがあったのと、ほとんど富山出身の選手でここまでやれたのは、日本の育成も変わってくるんじゃないかなと思います。
本当に今日はどうもありがとうございます。

うちの取り組みとしては、寮を作らない。自宅から通える選手でやっていこうということでやっています。
人間性を育むには色んな人が関わることが大事。特に親が関わることが大事だと思っているからです。

「親父のコネで試合に出やがって」など、辛辣(しんらつ)な言葉で彼は傷つけられて可哀想な想いをさせてしまいました。
申し訳ないなという思いがありました。

選手の皆様、関係者の皆様、まさか地元富山の学校が優勝をするとは思いませんでした。
優勝おめでとうございます。また、感動をありがとうございました。
まだまだ、色々忙しいかもですが、激闘の疲れをゆっくり癒しつつ、少し遅目のお正月を満喫ください。

今回は、富山県でしたが、次は石川県・福井県の健闘も心待ちにするとともに、これをきっかけに、富山だけでなく北陸が、サッカー王国はおろか、スポーツ王国となることを願いたいと思います。